清潔感のある換気扇

換気扇をすっきり掃除する方法について

換気扇の掃除は、洗剤で軽くこすった程度では油汚れはほとんど落ちませんが、正しい手順をふむことでキレイにすることができます。まず、換気扇を掃除する際には、分解して取り外してから汚れを落としていきます。 取り外した換気扇は、クレンザーや洗剤を使って、スポンジでこすり洗いを行います。少し汚れが酷い場合には、バケツにお湯をはり、つけおき用の洗剤をいれます。30分程度換気扇をつけてからさらに洗剤で洗うと汚れが取れやすくなります。 重曹を使った方法では、ゴミ袋にぬるま湯をいれ、換気扇とカップ1杯程度の重曹をふり入れます。1時間から2時間程度つけ置きすることで、重曹がこびりついた油汚れを浮かしてくれます。あとは、スポンジで軽くこすることで汚れが落とせます。

換気扇の掃除を業者に依頼する場合

キッチンで一番汚れやすいのは、換気扇です。油汚れは固まりやすく、汚れが落ちにくい上に換気扇を掃除するには分解してから掃除を行う必要があります。そのため、業者に依頼する方法があります。ハウスクリーニング業者などに依頼することになりますが、台所一式を掃除するパックの中に換気扇は入っていない場合が有り、オプションや別枠として依頼することになります。 機種にもよりますが、レンジフード型の場合は、1時間半から2時間程度かかり、料金は7000円から1万5000円程度が相場とされています。極端に安価な業者は、分解せずに適当に掃除したり、追加料金を請求される場合もあるため、依頼する場合には作業時間と作業内容を確認して置く必要があります。